スポーツ関連

横浜DeNAベイスターズラミレス監督解任の可能性と次期監督は誰が適任?

投稿日:

2018年、ペナントレースも終盤となりました。

 

 

相変わらずの広島カープの独走態勢のセ・リーグですが、シーズン開幕前と今とではこんなはずじゃなかったといったというチームも多いでしょうね。

 

そんな中私の応援する横浜DeNAベイスターズが、まさしくこんなはずじゃなかった典型的なチームでございます。

 

2017年は3位ながらも、クライマックスシリーズを制し2018年は優勝候補にも挙げられていたのも懐かしい思い出です。

 

ラミレス監督にも期待していたのですが、まさかの大暴落・・・・2年連続クライマックスシリーズに出場させてくれた監督ではありますが厳しいプロ野球の世界ですから、今シーズンの最終成績によっては、次期監督の話も出てくるかもしれません。

 

 

それでは、2018年の振り返りと監督交代の可能性について考えてみましょう!

 

今シーズンの低迷の原因は?

今シーズンは、先発投手が試合序盤で先制を許しそのまま取り返せないという流れをよく見ます。

 

そもそも、こんなに先発投手陣がボロボロになるなんて予想してましたか?

 

2017年は、今永投手、ウィーランド投手、浜口投手、の3人が二桁勝利を挙げ、2018シーズンはそこに石田投手、井納投手、さらにはルーキーの東投手が入って先発陣は安泰かと思いました。

 

 

ところがふたを開けてみるとウィーランド投手、今永投手、浜口投手の昨年の二桁トリオが揃って開幕から出遅れてしまいました。

 

その間、京山投手、バリオス投手、飯塚投手あたりでしのいでいたのですが、やはり実績を作った3人が計算できない状況はかなりの痛手でした。

 

さらには、井納投手の中継ぎへの配置転換、石田投手の毎回ピリッとしないピッチング等々悲しい出来事ばかりでした。

 

そんな中、東投手がルーキーながら孤軍奮闘で、8月30日の中日戦で9勝目を挙げるなど新人王へまた一歩前進するなど活躍しています。

 

ルーキー一人しか期待できない先発陣のふがいなさも悲しいですが、それくらいしか今のベイスターズ先発陣の楽しみはないといっても過言ではありません。

 

野球は、やはり守備と投手をしっかり固めて守りからリズムを作っていくチームが強いというイメージなので今シーズン先発投手の勝ち頭が東投手の9勝で、2番目は中継ぎの三嶋投手の6勝というのも今年の先発陣崩壊を物語っております。

 

先発がしっかりしないと当然中継ぎ陣も登板過多になります。

 

先発2番目の勝ち頭が5勝の京山投手といった悲惨な状況では、今の位置は当然の結果と言われても仕方ないのでとても悲しい状況です。

 

今シーズンのベイスターズの試合をご覧になっている方は皆さん思っていることだとは思いますが一番の原因は先発投手陣の誤算といって間違いないでしょう。

 

野手陣の方は、大和選手の加入でショートの守備が固くなるはずだったのですが、確かに大和選手の守備は素晴らしいのですが、いまいち効果的に今年のベイスターズの勝利に結びつかないというかそれ以上に酷い先発投手陣で1点を守り切るとかそういう状況じゃなくなってるので大和選手の加入が霞んでしまいます。

 

 

横浜DeNAベイスターズの打線は強力だとか言われてますが、実際ホームランは広島カープに次ぐ2位でたくさん打ってますが、得点数をみると広島カープより100点以上も少ないです。

 

ベイスターズは、ホームランは出るがタイムリーや繋ぎの場面であっさりアウトという場面をよく見るのでそういう面が広島カープとの差に大きく表れています。

 

ソト、ロペス、筒香、宮﨑と名前だけ見るとこの4人が並ぶ打線なんて普通に考えたら恐怖でしかありませんが、もしかしたら繋がらない打線なので相手にあまり脅威になっていないのかもしれません。

 

打線に関しては、桑原選手や倉本選手が昨年固定されていたにも関わらず今シーズンは不調でレギュラーもはく奪されてしまう状況です。

 

毎日コロコロ変わるスタメンは、ここ2年固定スタメンにこだわってきたのは何だったんだ?

 

と思うくらい流動的です。

 

監督交代の可能性は?

昨年の日本シリーズでのソフトバンクホークスとの激戦がまだ記憶に残っているファンからすると今年の状況は本当にがっかりで仕方ないと思いますが、実際2年連続Aクラスからの3年目終了後の監督交代はあり得るのでしょうか?

 

東北楽天ゴールデンイーグルスは昨年は3位(Aクラス)ではありましたが、今シーズンの不調で梨田監督はシーズン中での退任。

 

 

シーズン前は、優勝候補にも挙げられていた東北楽天ゴールデンイーグルスファンにとっては今の状況は予想もしてなかったと思います。

 

当然、毎年優勝を命じられるプロ野球。

 

甘い世界ではないのでBクラスに低迷すれば監督交代がチラつく。

 

ベイスターズのラミレス監督も1年契約だったので今シーズンは契約最終年。

 

借金も二桁となっており、このままの順位であれば監督交代の可能性も高まってくる。

 

ここ2年あれだけスタメン固定で我慢強かったラミレス監督が、ここ最近は後がなくて焦ってしまっているのか、毎日のようにスタメン、打順がコロコロ変わる。

 

解説者の高木豊さんは、コロコロスタメンが変わるのをあまり良く思っていないようで苦言を呈していた。

 

確かにコロコロ変わると選手も心の面等で影響が出そうであります。

 

あれだけ固定されていた”1番センター桑原””9番ショート倉本”をスタメンで見る機会が激変した。

 

 

この二人はここ2年固定され続けてきて3年目で飛躍を見せてほしかったのですが、まさかの低迷。

 

2年間何だったんだろうと思ってしまうような成績になっている。

 

ラミレス監督が就任してから我慢して辛抱して使ってきたこの2人が思ったようにいかなくていろいろとプランも崩れてしまったんでしょう。

 

まだ、3位は射程圏内とはいえ大量の借金を抱えたチーム状況からすると中途半端に3位になっても今シーズンはクライマックスシリーズ、日本シリーズと戦い抜く戦力は全く残っていないとみられるので、諦めたくはないが今年は出ない方がいいのかなと思ってしまうほどのチームの状態です。

 

仮に大量の借金を抱えた状態で、クライマックスシリーズに出場して運よく日本シリーズに出たとしても素直に喜べないような気がしますし、そうなった場合借金でも3位だからという理由で監督にオファーを出すのかは気になるところです。

 

個人的には、クライマックスシリーズを逃せば監督は変わるんじゃないかなと今の状況を見ていると思います!

 

仮に監督が代わるとすれば誰が適任?

それでは、もし監督が代わるとすれば誰がいるのか?

 

というところです。

 

●三浦大輔  皆さんご存知のミスターベイスターズ。ただ兼任コーチはやっていたもののまだ専任の指導者としての経験も無くいきなり監督というのは無いような気もしますが、ベイスターズを背負って立ってきたという面からすると番長に託す・・・・可能性も・・・

ただ、下降気味のチームを受け持って勝てなくて叩かれる番長を見たくないです・・・ね。

 

 

●原辰徳  いわずと知れた、元巨人監督。なぜ噂に上がってるかと言えば、原辰徳氏は神奈川の東海大相模出身。巨人色が強いといえばそうなのですが、地元のチームを率いるというサプライズがあるんじゃないか?と以前から噂されています。

しかし、巨人以外の監督を原辰徳氏が引き受けるようには思えないというのが正直なところです。

 

●鈴木尚典  1998年の優勝メンバー。2年連続首位打者の記録をもつ。物静かなイメージではありますが、マシンガン打線復活を託せるか?

でも、やはり監督・・・・としては、まだ役不足感は否めません。

 

●中畑清  ラミレス監督の前任者。ペナントでは5位と6位にしかなったことありませんが、今の横浜DeNAベイスターズがあるのは清監督のおかげといってもいいかもしれませんね。いつもテンションが高くて見ている方を楽しませてくれていました。

 

前回は、続投要請を断ったといわれていますが、もう3年休んだしそろそろ現場復帰も見たいという人も多いのではないでしょうか?

 

私個人としては、前回監督時は戦力が発展途上だったのですが今回は投手が2017年並みに戻ればかなりの戦力だと思うので中畑監督で戦力が整ったらどういう戦いをするのかというのも気になります。

 

中畑さんは低迷しているチームに、元気を注入するという意味ではかなりの適任者だと思うのでもし、今シーズンこのまま終わるようであれば清監督再登板・・・見てみたいですね~。

 

●佐々木主浩 皆さんご存知の大魔神佐々木です。1998年は大魔神無しでは語れないですよね。解説でもいろいろコメントしてるので、実際に現場でやったらどうなのか?気になります。コーチ経験の機会がなかなか回ってこないので気になりますが、そろそろ現場で見てみたいですね。

 

いろいろ候補は多いですが、個人的には絶対ないと思いますが、牛島監督をもう一回ベイスターズで見てみたいです。

 

一度牛島政権で3位になりましたが、よくあの戦力で3位になったよなと思いますし、クローザーをしていたマーククルーン投手を開花させたとも言われているので投手陣がボロボロのベイスターズに牛島監督を招いて指揮をとってみてほしいです。

 

どうしても、ベイスターズはいつも打撃の方が注目されがちですが、やはり野球は守りからリズムを作っていかないと攻撃も乗ってこないので、崩壊したディフェンス面を一から作り直せる監督が希望ですね!

 

もちろん、ラミレス監督でも立て直してくれるなら続投も全然ありだとは思いますが、最近はどうしてもプランがよくわからない感じになってきているので何とかいい形を見つけて1つでも上の順位を目指してほしいところです。

-スポーツ関連

Copyright© Infoマグネット , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.