趣味・娯楽

ドカベン連載終了?続編の可能性と無料で動画や漫画を見たい!

更新日:

野球ファンなら一度は、見たことあるんではないでしょうか?

 

『ドカベン』

 


ドカベンは、水島新司さんが作者の野球漫画で、なんと昭和47年から少年漫画誌に連載される古株で長い歴史のマンガの一つです。

 

実は、そんなドカベンですが今度こそ本当に終わるそうで今月28日に販売される最新号で、長い歴史に幕を下ろして連載を終了させるという事が明らかになりました。

 

というか、凄くないですか?

 

一つの野球漫画の歴史が46年も続いていたんですよ!

 

私は野球好きなのでドカベンは、何度か読んだこともありましたが私が生まれる前からの歴史があったなんて驚きです。

 

ドカベン漫画のストーリーは?

主人公である山田太郎は、小学校から野球を続けており(一時離れた時期もありましたが)ポジションは、皆さんご存知のキャッチャーです。

 

●中学校時代の山田ストーリー

 

中学時代も、野球を続けていたものの、プレイ中に不慮の事故で相手にけがを負わせてしまいました。

 

その失明の恐れもある結構重たいものとなってしまい、山田は野球から一度は距離を置く事になった。

 

山田は、その後転校する事になり、何とも不思議な事にいきなり転校先の番長岩鬼のケンカに巻き込まれ、それがきっかけで知り合う事となった。

 

転校先では、山田は柔道部に所属し、天性の才能を生かし柔道でも優秀な成績を残し岩鬼とともに柔道部を盛り上げ準優勝という結果も出した。

 

山田が野球から距離を置いていた理由は、プレー中の不慮の事故で相手選手に大けがを負わせ、失明の危険さえあった状況を負い目に感じていた為でした。

 

しかし、その相手の怪我の手術が上手くいき、最悪の結果では無い事が山田の耳に入った。

 

それによって、山田の中に眠っていた野球への情熱が再び大きくなり、自分の気持ちを抑えていた相手に対する申し訳なさも、良い知らせによって軽くなりました。

 

そこから山田が野球へ復帰するまでの時間はそう長くかからなかったそうです。

 

野球を再開する山田ですが、当然岩鬼もセットでしたね。

 

これぞ腐れ縁ですね(笑)

 

野球を再開した山田は、中学校3年での大会で上を目指したが、残念ながら初戦で敗退してしまいました。

 

この辺りまではどうでしょうか?

 

ちょっとドカベン見たことある人ならあーそうだったね!くらいの薄っすらと記憶にあるのではないでしょうか?

 

●高校時代の山田ストーリー

 

高校に進学した山田は、当初はいかにもキャッチャーみたいな体系というところもあり、馬鹿にされるところから高校野球がスタートしたのですが、周りが山田の実力を認めるのにもそう長くは時間を要しませんでしたね。

 

もともと明訓には土井垣という、スーパースターキャッチャーがおりましたが、群を抜いたバッティングセンスや、強肩、更には相手の裏を書く巧みなリード面でも優れた実力を発揮し相手を実力で納得させてしまった。

 


ついには土井垣がポジションを譲るという信じられない状況さえ生み出しました。

 

そして、後の親友と言うかバッテリーとなる里中君との出会いも高校時代からでしたね。

 

1年の夏の大会では、見事にいきなり優勝を果たしましたね。

 

その後、甲子園の常連となった山田たちは数々の伝説と歴史に残る試合を甲子園の舞台で幾度となく繰り広げました。

 

実際の試合の中でも現実離れした、秘儀が何度も飛びだしたりして我々読者を楽しませてくれました。

 

キャッチャーのブロックをかいくぐる弁慶高校エースの義経の「八艘飛び」。

 

これは、サヨナラのチャンスで本塁突入した弁慶高校の義経が山田が捕球し完全アウトのタイミングで待ち構えていたところ、「八艘飛び」という秘儀を使って山田のタッチをかいくぐった伝説のプレーです。

 

これ普通にやったらすんごい危険なプレーですよね(笑)

 

さらに、順調に実績を積み重ねてきた山田たちの学校でありましたが、2年春の大会後、エースの里中の母親が病に倒れてしまうという知らせが入る。

 

これにより、エースの里中は母の看病だけでは無く、借金まで前面に背負う事になってしまい非常に苦しい生活となった。

 

里中を失ったチームは弱体化すると思いきや、より安定して試合には勝利を収めていた。

 

そんな里中君もずっと野球から離れていたという事では無く、母親の方が順調に回復に向かってくると野球部に復帰しました。

 

里中君もブランクやら何やらいろいろあったものの何とか乗り越え甲子園の舞台に立つ事になった。

 

対戦相手には、高校で160キロを平気で投げる投手も登場しました。(大谷君じゃあるまいし・・・)

 

160キロストーレートを武器にする中西を相手に延長18回両者譲らず、引き分け再試合となりましたが、再試合は、山田たちが勝利を収める事となりました。

 

その後明訓高校は、何とか甲子園で優勝を収める事に成功しました。

 

山田率いる明訓高校はなんと、甲子園5連続出場で4度制覇するという現実世界では考えられない輝かしい成績を収めました。

 

ここまでが、山田の高校時代のあらすじです。

 

何度振り返っても現実世界では考えられない成績です。(驚)

 

●プロの世界に飛び込んだ山田たちのストーリー

ご存知の方も多いかもしれませんが、山田は西武ライオンズへ入団しました。

 

ライバル達もそれぞれ、プロの道へ進みます。

 

 

山田世代と言われたその世代の選手たちは、並外れた実力の持ち主たちだったのでそれぞれ1年目から活躍を収めました。

 

プロ野球編では、実在する選手との共演もありリアリティーもありながらやっぱり現実離れした野球観もありました。

 

漫画で見る山田たちは、現実離れしていて超人クラスなのですが、ドカベンに登場する実在するプロ野球選手たちに関してはその下のレベルというわけでは無く一目置かれたレベルに描かれているので実在の選手がしょぼくて山田たちが凄すぎる・・・という描写にはなっていませんでしたね。

 

どんどんスケールアップするストーリー

高校野球編からプロ野球編と進んでいくドカベンのストーリーですが、それだけにはとどまらず、ついに新球団を設立しちゃうストーリーまで始まっちゃいました。

 

これが、スーパースターズ編と言われているのですが、FA権を取得しそれぞれ新たな道を模索するようになったタイミングで球界再編が行われ、新しい球団が設立されそこに山田世代のメンバーがそれぞれ分散して戦うというストーリーでしたね。

 

現実世界では考えられない新球団創設という大イベントがドカベンの中ではあっさり実現してしまい球団が16となりその中でまたし烈な戦いが繰り広げられました。

 

新球団創設を記念したドリームトーナメントというイベントです。

 

このドリームトーナメントでの優勝をかけた戦いがこれまた熱い戦いとなったのでした。

 

 

ドカベン続編の可能性は?

これまでドカベンシリーズは、いくつもの章に分かれて継続してきました。

 

ドカベン 無印

ドカベン 大甲子園

ドカベン プロ野球編

ドカベン スーパースターズ編

ドカベン ドリームトーナメント編

 

今回も、連載終了とは言われているのですが今までのように続編あるのでは?

 

と考えてらっしゃる方もいるかもしれません!

 

でも、今回は本当に終わりっぽいです・・・・

 

というのも出版社の秋田書店さんの方からも、国民的漫画についにゲームセットの時が来たといったコメントも出ている事や、最終回の最終回は巻頭カラー含む40ページとボリュームのある本編や同作品の歴史を振り返る事のできる企画も盛り込まれる事から流石に今回は本当に終わりなんだろうなという空気が漂っています。

 

でも、逆にこれまでよくネタも尽きずに40年以上も連載しつづけたよなぁというのが率直な感想です。

 

野球漫画なんてネタも限られてるはずなのに、次から次へと新しい話を作り続けた水島さんの発想力にあっぱれです。

 

ドカベンのマンガを見たい!!

ドカベンのマンガを見たいけど全部買うとなるとやっぱりかなりの出費がかさむし正直コミックを家に置くとなると場所も取られます。

 

極力お金をかけずに、効率よくドカベンのマンガを読んでいきたいところですが、どういう方法があるのでしょう?

 

無料で!!というわけには中々いかないので(インチキ禁止の為)個人的に勝手に考えた方法を述べさせてください。

 

まず、コミックは一冊460円程もするので全巻買うと大変なことになってしまいます。

 

ですが、最近利用する人が増えているネットカフェなら、4時間パックとか、長くて24時間パックというのも扱っている所も増えてきており、3000円~4000円で24時間だったり、4時間とかなら1000円もいかないところとかもあります。

 

1冊460円とか出すなら、ネットカフェで4時間パックでめっちゃ読みまくるという方法の方が楽しみながら場所も取らないという事でいいのではないかなと思います!

 

自分の自宅の近くのネットカフェがドカベンを取り扱ってるかどうかというのは、最近世の中もかなり便利になってきてほとんどの施設が検索機能を導入しているといったところも増えてきております。

 

という事で、全国展開しているインターネットカフェの方が探しやすそうなので個人的に気に入っているネットカフェをお伝えしていきます!

 

★アプレシオ

私の住む地域にも以前はあったアプレシオさんですが、今は無くなってしまったので利用できなくなってしまいました。

職場から家が遠かったので、職場付近で飲んだ時はよくお世話になりました。

 

 

都心エリアを中心に全国展開しており、施設も清潔でした!

いく前にどんなマンガがあるのかチェックをする検索機能もホームページより利用可能だったのでおすすめです。

 

店舗によって料金は違うのですが、渋谷BEAM店を参考に見てみましょう。

●アプレシオ渋谷BEAM店

所在地は、東京都渋谷区宇田川町31-2渋谷BEAMビル 5Fにあり、最寄りのアクセスはJR各線「渋谷」駅より徒歩7分で到着の距離です。

 

アプレシオは店舗によりプランが異なりますという事でしたが渋谷BEAM店はこんな感じです。

まず、アプレシオを利用するには会員になった方が継続利用する方にとってはお得になります。

★年会費・更新費➡ ¥290
★シャワーご利用料金 ➡¥290

【ご利用料金(お席料)】
●基本料金
 ・オープン席 最初の30分 ¥190
 ・個室席 最初の30分 ¥290
 ・延長料金(オープン席、ブース席共通) 15分毎 ¥100

●自動パック(最適なパック料金が自動的に適用されます)
 ・3時間パック ¥930(土日祝¥1,120)
 ・6時間パック ¥1710(土日祝¥1,900)
 ・12時間パック ¥2860(土日祝¥3,050)

●サービスパック(最初にお決め頂くパック料金です)
 ・平日5時間パック(5時~15時) ¥1,140
 ・平日10時間パック(5時~15時) ¥1,430
 ・オープン席3時間パック(全時間帯) ¥740(土日祝¥840)
 ・ナイト10時間パック(19時~4時) ¥1,410(土日祝前夜¥1,700)
 ・ナイト14時間パック(17時~4時) ¥2,360(土日祝前夜¥2,650)

http://www.aprecio.co.jp/shop/shibuya-beam/serviceguideより引用

 

ちなみにドカベンのコミックも置いているようでした。

ナイト14時間パックで2,500円以下でいけるのでマンガ7冊以上なら余裕で読めそうなので良いのではないでしょうか?

 

WIFIやシャワーもオプションで使えますし、食事もできるのでフツーに快適な1日を過ごせます(笑)

 

 

後は、ドカベンのアニメを改めて見てみたい!

 

と言うところですが、最近はやりのネット視聴サイトのHuluやUNEXT、dTVといったところで無料で見れるケースが多いので調べてみました!

 

でも、ドカベンのDVDを購入するとしても中古などをチョイスしていけば比較的安価でドカベンのアニメを楽しめる可能性があります!

 

中古のレンタル使用等でも良ければ数百円で手に入る作品もあるみたいですね!

 

200円とかならさらっと手に入れてもいいですね。

※送料は別途かかるようなのでご注意ください。

 

 

 

最終手段はTSUTAYA DISCAS!

 

TSUTAYA DISCASとは・・・・

 

名前の通りTSUTAYAが提供するサービスで、普通であれば実店舗でCDやDVDを借りたりするのですが、このサービスを使えばわざわざ実店舗に行かなくても借りたいものが借りられたりオンラインで見たりすることができるのです。

 

定額レンタル8というプランがあるのですが、これが月額2,014円となっており最初の8枚は定額で借りることができるのですが、なんと旧作であれば9枚目以降も借り放題!!というわけです。

 

【参考サイト】https://www.discas.net/netdvd/dcp/guide/gidService.html

 

正直新作とかだけでも8枚分枠があれば十分だと思いますし、旧作でも面白いものもたくさんあります。

 

今回のドカベンもその1つですが・・

 

なので十分旧作でも楽しめて元が取れそうなサービスです。

 

もちろん、やっぱり新作をたくさん見たい!!という人もいると思いますが、その人たちにとっても嬉しいプランもあります。

 

定額レンタル16や定額レンタル24に切り替えれば、月額は上がりますが、新作を借りられる枚数の上限をアップできます!

 

しかも、今なら30日間無料でお試しできるという状況なので自分に合うサービスなのかどうかってのも試せるのでノーリスクですね!

 

30日間お試しって本当にお試しなの?という心配もあるかもしれませんが、公式サイトにもあるようにガチの無料という事なので安心して無料お試しに登録してみる事ができそうです!

 

何でも試してから判断して見たい世の中だからこそのサービスですね。

 

というか内容に自信があるからできるサービスなんですね。

 

今やTUTAYAまでネットで借りられる時代なんですねぇ・・・是非活用してください♪

 

 

最後にまとめ!

さて、いろいろとDVDやネットカフェなどでドカベンを楽しむ方法に関してはお伝えしてきましたが、やっぱりマニアなら単行本を自分のものにしたい!という希望を持っている人も少なくはないと思います。

 

というわけで・・・

 

コミック大人買い!!というのも結局やっちゃいたくなるかもしれませんね(笑)

 

いろいろな楽しみ方のあるドカベンですが、しばらく見てなくて今回で連載終了と聞いて懐かしく思った方や、ずーっと欠かさず見てきて今回の終了を残念に思ってる方いろいろいらっしゃると思いますが、とりあえず長年世代を超えて野球ファンの心をつかんできたドカベンの連載を続けてきた作者の水島さんには本当お疲れ様ですとお伝えしたいですね。

 

時代はどんどん変わりますが、ドカベンという漫画はずっと残ると思うのでこれからも楽しめる作品の一つですね。

-趣味・娯楽

Copyright© Infoマグネット , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.